お水系のお店(キャバクラ・クラブ・ラウンジ)

  

お水系のお店にはキャバクラ以外にもたくさんあります。お水系のお仕事(水商売)=キャバクラだと決めつけずにまずはどんなお店があるのか理解しておきましょう。
まずはお水の定番キャバクラ、クラブ、ラウンジです。

キャバクラ

料金体系は時間制で1セット〇〇円という形になります。1セットの時間は30分~90分とお店ごとに異なります。40分や60分というお店が多いですが、基本料金であって交渉次第で10分プラスなどサービスで変動することがよくあります。セット時間は初回のみの金額というお店が多く、延長の場合だと料金は変わって割高に設定されていることがあります。そのため、システムをよく理解しているお客さんだと1セットづつお店を何軒もハシゴするという人もよくいます。

女の子はキャストと呼ばれ、給料は時給制になります。時給は女の子によって異なり、そのお店での実績が反映されることになっています。本指名や場内指名の本数や指名時にお客さんにより多くのお金を使わせてお店の売上に貢献したかなどが判断されます。キャバクラはお客さんと1対1(マンツーマン)で接客するお仕事なので、指名料の他にドリンク代やボトル代などが歩合給としてもらうことができます。

クラブ

料金体系は時間制ではなくチャージ料(席料)という形になります。クラブと名乗るお店だけあって席料は高く設定されているので知らずにお店に行くと痛い目に合うことがあるので注意が必要です。そのため高級クラブでは新規のお客をお断りしているお店もあります。指名も永久指名制のお店が多く、一度指名したらその女の子が辞めない限り、指名する女の子を変えることはできません。キャバクラは店長が仕切っていますが、クラブだとママがお店を仕切っています。

ラウンジ

料金体系は時間制ではなくチャージ料(席料)となり、クラブとほぼシステムは同じですが、クラブ=高級というイメージがあるため敷居が低いお店ということでラウンジと名乗るお店が増えてきています。クラブ同様にママやチーママがお店を仕切っているので、お客へのサービスもママやチーママの判断次第で変わってきます。