風俗業界未経験でも働けるデリヘル

いきなり風俗で働く女性が急増中
女の子のナイトワーク(夜のお仕事)といったらキャバクラやクラブなどのカンパイ系が定番でしたが、最近はソフトな風俗店が増えてきていることやキャバクラでも簡単には稼げないこともあってか、いきなり風俗店で働くことを希望する女の子が増えてきているようです。
カンパイ系(お水系)の仕事とは、水商売のことでキャバクラ・ガールズバー、スナックのようなお店でお客さん相手にお酒や会話などで接客するお仕事です。より過激なお店だとランパブやセクキャバなどが該当します。とりあえずは定番のキャバクラで働くのが女の子のナイトワークの定番コースだったのが、キャバクラでも頑張らないと稼げない世の中になり、手っ取り早く稼ぎたい女性たちは、いきなり風俗で働いてしまうようです。

お水系のお仕事
お水系のお仕事にはキャバクラ(ニュークラブ)・クラブ(ラウンジ)・セクキャバ(ランパブ)・ガールズバー(ガールズ居酒屋)・スナックなどがあります。お給料は時給のお店が多く時給+歩合(指名やドリンクなど)になります。

風俗のお仕事
風俗のお仕事にもいろいろなお店があるためお店(ジャンル)によって仕事内容や稼げるお給料は変わってきます。ソフト系風俗に分類されるお店だとオナクラ・デートクラブ・チャットレディなどで、エステ系風俗の回春エステやアロマエステなんかもソフト系風俗になります。

ハード系風俗に分類されるお店だとピンサロ・ファッションヘルス・デリヘル・ソープランドなどになり、ソフトとハードの基準は「脱がない」「舐めない」「触られない」の3つがポイントになります。