風俗で働く人妻が急増中

人妻風俗で働く女性とは

デリヘル・ファッションヘルス・性感マッサージ(エステ)・キャバクラ・パブ・ガールズバーなどの風俗やナイトワークで働く人妻、熟女がたいへん増えています。今この瞬間もこれから風俗の仕事をしようかと真剣に考えている女性がいるかと思います。

家庭があるにも関わらずお金のため、もしくは他の理由があるのかもしれませんが、これから風俗を仕事をしようと考えている女性、すでに現在、風俗で働いている女性も含め人妻風俗で働くもしくは働こうと考える女性が増えている理由について検証してみたいと思います。

なぜ風俗で働く人妻が増えているのか?

理由その1:人妻・熟女ブーム

人妻・熟女ブーム

昔から風俗や熟女パブなどで働いてる人妻熟・女はたくさんいましたが、近年の人妻・熟女ブームにより人妻デリヘルなどの人妻風俗がとても人気を得ております。その流れから店舗数が年々増えている傾向にあります。
普通に暮らしている人にはあまり実感がないかもしれませんが、AVや成人雑誌などを見てみるとわかると思います。人妻デリヘルを呼ぶ男性が増え、お店の数が増えているということは多くのデリヘル嬢が必要になりますので、お店側としては高い報酬を払ってでも雇う必要があるのでその流れで風俗で働く人妻が増えています。

理由その2:求人情報の進化

インターネットが普及する前は、風俗やキャバクラなどのナイトワークの求人情報は雑誌もしくは看板などが中心でした。当たり前ですがナイトワークの求人は一般の求人誌や求人情報サイトやハローワークなどでは掲載されていません。

風俗求人雑誌では雑誌を購入したり、フリーペーパーでも持ち帰らなければならず、人目を気にしてなかなか行動することができませんでした。しかし、インターネットの普及により今は女性専用のナイトワーク求人情報サイトがとても増えました。中には街宣車で宣伝する求人情報サイトもあるくらいです。
今の時代はパソコンやスマホで簡単に求人情報が検索でき、誰にも知られることなく風俗で働くことができるのです。

理由その3:欲求不満な奥様たち

欲求不満な奥様たち

女性は男性に比べて、いくつになっても輝き続けたいや口説かれたいと願う女性がとても多いです。
男性は年を重ねるうちに性欲が下がる傾向にありますが、女性は30代~40代にかけて性欲が増すと言われています。

結婚して家庭に入った奥様も例外ではなく、旦那に相手にされない欲求不満な奥様たちがそれを求めて出会い系サイト・出会い系アプリで男性を探してみたり、ナンパされるのを待っていたり、風俗やデリヘルの仕事をしたりする人妻が増えているのです。

人妻系風俗が増えている理由

風俗・デリヘルには色々なタイプのお店があります。お店のコンセプトとしてどのような客層をターゲットにするかを決める上でとても重要なことになります。

人妻系風俗が増えている理由

若い女性(10代~20代前半)だけを集めたギャル・美少女系のお店、ハイクラスな女性(モデルやAV女優など)だけを集めた高級系のお店、マニアックなプレイ・サービス(SM、3P、即尺、コスプレなど)を専門にしたマニア系のお店など様々な種類の風俗店があります。

人妻系風俗もその中のひとつで人妻・熟女だけを集めた風俗 人妻ということです。ここ最近は専門のデリヘル店などがとても増えています。

なぜ若くはない人妻熟女に人気があるのか・・・それは「人妻」という言葉に様々なイメージが勝手に植え付けられてブランド価値が出てしまったからではないでしょうか。
人妻というからには当然ながら人の妻、すなわち他人の妻ということになります。そんな人妻と、普段は絶対にできない不倫感覚を味わえるという優越感と背徳感を求めている男性客がとても多い=需要があるということなのです。